鑑定士ハチの部屋

ブログトップ

やっと我が庭にも分蜂群がやって来た。

本日(4/24)PM3:00頃の画像。↓
b0246869_19375880.jpg
待ち箱の上部に一鉢、そして巣門の下部にキンリョウヘン一鉢を置いています。↑
蜂達が庭で騒いでいます。
しばらく見ていると。↓
b0246869_19402775.jpg
蜂達がキンリョウヘンに集まって来ました。↑
そしてこのようになってきました。↓
b0246869_19382531.jpg
巣門下のキンリョウヘンもこんな様相になりました。↓
b0246869_19390682.jpg
巣門にも蜂達の出入りが始まった。↓
b0246869_19393874.jpg
このまま入居となるのでしょうか。

















[PR]
# by kahohira | 2017-04-24 20:00 | 日本みつばち | Comments(0)

開花宣言

「開花宣言」をします、桜ではありません。
「キンリョウヘンの開花宣言」です。
3/1日から加温して花芽の調整をしていました。↓
b0246869_11130419.jpg
日本ミツバチ分蜂に合わせる花芽調整です。
本日(3/31)一鉢開花です。↓
b0246869_11131652.jpg
待ち箱にセットすれば使える状態になっています。↑

明日にも開花するキンリョウヘンもあります。↓
b0246869_11132712.jpg
まだまだ、蕾状態の鉢もあります。↓
b0246869_11133873.jpg
このようにキンリョウヘンを数鉢所持していれば長い期間にわたり分蜂群
捕獲に使えます。
いよいよ、来週から本格的な分蜂が始まると思います。

今回は頑張って捕獲する理由があります。
それは、これです。↓
b0246869_22494929.jpg
b0246869_22501985.jpg

いま居る群は「蜂児出し」で蜂数は半減しています。↑
巣板が半分以上確認できます、これではとても分蜂できる状態ではありません。
本来ならば「雄蜂のフタ」が出されている時期ですが出ていません。
雄蜂も働き蜂も成虫になれずに「蜂児出し」で処分されているのでしょうネ。
あと一か月前後でこの群は消滅すると思います。

日本ミツバチを養蜂していて、それが居なくなると寂しく感じると思います。
「さぁー」気合を入れて分蜂群捕獲に取り組んでいくぞ~。
待ち箱もキンリョウヘンも準備完了です。
あとの問題は探索蜂が巣箱を気に入るかどうかです。
「姫」ご決断を!!!!!。

























[PR]
# by kahohira | 2017-03-31 11:50 | 日本みつばち | Comments(0)

キンリョウヘンの花芽調整パートⅢ。

日本ミツバチの分蜂まであと一週間です。
待ち箱は五~六箱は設置済です。
あと十箱ほどは準備中です、順次設置して行きます。

今日のキンリョウヘンの状況です。↓
b0246869_10040612.jpg
昼間帯は日光浴、夜間は加温しています。

数日後には開花予定の鉢です。↓
b0246869_10042038.jpg
開花を遅らせている鉢はこの状態です。↓
b0246869_10044483.jpg
このように数日置きに開花するように加温で調整しています。↑

他の鉢の状態です。↓
b0246869_10043136.jpg
b0246869_10050235.jpg
開花したキンリョウヘンから順次投入していきます。
来週から分蜂群の探索蜂が訪問してくるとハラハラ・ドキドキの瞬間が始まります。





















[PR]
# by kahohira | 2017-03-24 10:40 | 日本みつばち | Comments(0)

キンリョウヘンの花芽調整パートⅡ。

今春の日本ミツバチ分蜂時期まであと二週間余りになりました。
三月上旬からキンリョウヘンの花芽調整を行っています。↓
b0246869_10450866.jpg
昼間帯は窓辺で日光浴です、夜間帯はヒーターで加温中です。↑
今日(3/13)の花茎の状態です。↓
b0246869_10461759.jpg
b0246869_10460435.jpg
b0246869_10455417.jpg
花茎は順調に成長しています。↑
分蜂時期頃には開花していると思います。

今年は野生の日本ミツバチは少ないように思えます。
分蜂群捕獲は厳しい状況が予測されます。

そこで親戚・知人に待ち箱を置かせてもらえるよう頼んでいます。
待ち箱の清掃と組み立てをします。↓
重箱です。↓
b0246869_10463354.jpg
台座と屋根部です。↓
b0246869_10464567.jpg
組み立てた待ち箱です。↓
b0246869_10465956.jpg
このような待ち箱を十数個作成して各地に設置して行きます。
「さて・・・」何群捕獲できるでしょうか?。
楽しみではありますが苦戦を予想しています。










































[PR]
# by kahohira | 2017-03-13 11:18 | 日本みつばち | Comments(0)

キンリョウヘンの花芽調整パートⅠ。

今春の日本ミツバチ分蜂時期まであと一か月になりました。
今年の分蜂群捕獲は非常に厳しいものになると予想しています。

分蜂群捕獲に必要な「キンリョウヘン」を室内に取り込みました。
b0246869_09565155.jpg
取り敢えず今日(2/28)は十鉢です。↑
花芽の状態を見てみます。↓
b0246869_09562537.jpg
b0246869_09563922.jpg
まだ休眠中です。↑
これから花芽成長のスイッチを入れていきます。
花芽は夜間の温度を上げてやることでスイッチが入り成長してきます。
一か月後には満開に近い状態にしていきます。

まだ屋外に出しているキンリョウヘンは一週間後位から順次、加温していきます。










[PR]
# by kahohira | 2017-02-28 10:14 | 日本みつばち | Comments(0)