鑑定士ハチの部屋

ブログトップ

香蘭社と深川製磁

今回は明治以降の肥前有田の焼き物を紹介します。
明治に入り鉄道が整備され伊万里港からの船積から陸送へ運送方法は大きく
変わります、肥前の焼き物も伊万里焼から有田焼へ呼称変更です。
つまり、船輸送時代の物は伊万里焼、鉄道輸送は有田焼です。
骨董品としての肥前焼物の評価もここで大きく別れると私は考えています。
古美術店を覗いてみると明治以降の品物が大半を占めています。
私がよく行く骨董店では江戸期以前の品物はやはり少ないです。

香蘭社は設立当時は輸出を目的に作られた貿易会社です。
五名程度の窯元が自窯で作成した陶磁器を香蘭社を通じて輸出したのです。
この皿は香蘭社設立時の深川窯(香蘭社の前身)の作品です。
明治初期の有田焼の特長の一つに全面を色絵で塗りつぶす作品が多数あります。
b0246869_131558100.jpg

高台内の銘は日肥山深川造です。(香蘭社銘ではない)
銘の意味するところは「日本・肥前・皿山・深川窯」で作ったと言う意味です。
明治八年~十年の作です。
五名程度で設立した貿易会社でしたが、亡くなったり、脱退したりで最後は深川窯
だけが残り深川窯が香蘭社を経営していきます。
b0246869_13163283.jpg

香蘭社の湯飲み。
b0246869_13165686.jpg

銘は香蘭社造です、昭和十年頃の作品です。
b0246869_13171573.jpg


香蘭社の弟になる深川忠次が独立して深川製磁を立ち上げます。
大正期の深川製磁の鉢です。
b0246869_13174664.jpg

外側面は吹き墨技法が用いられています。
吹き墨道具は深川忠次が英国から持ち帰ったものだそうです。
その後、深川製磁の作品によく使われています。
b0246869_13182046.jpg

高台銘は深川製。
b0246869_1318495.jpg

これも大正期の深川製磁です、花篭にバラと蝶。
肥前焼には蝶がよく描かれています。
b0246869_13192493.jpg

外側面は吹き墨で蝶です。
b0246869_13195352.jpg

高台銘は深川製。
しかし、この高台は珍しいと思います。
二重高台は明治時代の作品にはよく見かけますが、これはなんと三重高台です。
b0246869_13201764.jpg

現代作の深川製磁作品は深川銘と富士に流水のマークが入ります。

   次回は骨董品は一回お休みして、胡蝶蘭と日本ミツバチ巣箱の紹介です。
[PR]
by kahohira | 2013-03-18 13:20 | 骨董 | Comments(0)