鑑定士ハチの部屋

ブログトップ

日本ミツバチ分蜂群の捕獲準備

日本ミツバチの分蜂はサクラ開花後と言われています。
九州北部のサクラ開花は3/25日の予報です。
3/25~3/28日位で今春の初分蜂が見られそうです。

また、別の方法で分蜂の時期を知ることも出来ます。
三月上旬になるとオス蜂の羽化した蓋(オス蓋)が巣門前に
散乱するようになります。
オス蓋を発見した二週間後~20日位で分蜂があります。

「蜂飼人」にとっては分蜂・蜂蜜採取は二大イベントである事
は間違いありません、プレッシャ-も感じますが楽しいひと時
でもあります。

現在までに取り組んできた準備を紹介します。
1.待ち巣箱の作成
写真の巣箱を5箱作成
b0246869_14113953.jpg
b0246869_14120233.jpg


2.キンリョウヘン(蜜蜂蘭)の室内取り込み
b0246869_14122168.jpg
まだ花芽は小さい。
もうそろそろ花芽成長のスイッチをいれなくては。
b0246869_14123648.jpg
外に置いているキンリョウヘン(蜜蜂蘭)も時間差を持って室内に入れます。
b0246869_14125414.jpg

3.ミツバチ巣箱の置き場を開墾
巣箱の数を増やすためには新しい置き場を確保する必要が
あります。
置き場所を開墾しました。
下のようなヤブ地を
b0246869_14132766.jpg
切り開きました、重労働だった。
b0246869_14134638.jpg
近くにはネズミモチの樹がありました、日本ミツバチが大好きな蜜源だそうです。
b0246869_14140611.jpg
これで新しい蜂場は確保できました、この場所に4~5箱は置けます。
「さーァ」今春はガンバッテ、日本ミツバチを捕獲するゾ-。




















[PR]
by kahohira | 2015-02-16 14:46 | 日本みつばち | Comments(0)