鑑定士ハチの部屋

ブログトップ

不思議に思える日本ミツバチの行動

自然界(人間の影響を受けてない)の日本ミツバチの不思議な行動。

今日(4/27)キリョウヘンに寄って来た日本ミツバチです。
待巣箱の上に置いたキンリョウヘンに付いた日本ミツバチ↓です。
b0246869_21072082.jpg
ピンポン玉位の小さな蜂玉ですね。
この小さな蜂玉は何処から来て目的は何?。
探索蜂であれば夜間は本巣(または、分蜂した蜂玉)へ帰るはずですが。
ここで夜を過ごすは場所取りでしょうか?。
もちろんこの小さな蜂玉ですから女王蜂は不在ですよね。
明日は多くの仲間を呼んでくるのでしょうか?。
不思議な行動ですよね。



もう一件の不思議。
蜂仲間さんからの捕獲依頼を受けた持ち込み巣箱です。
入居前の待巣箱内部写真です。
b0246869_21064772.jpg
昼間は30匹前後の蜂達が巣箱の内部検査を繰り返していました。
しかし、日没になると帰っていきます。
このような行動を三日間繰り返しています。
私は今日は入居すると考えていましたが空振りでした。
そこで巣箱の内部にカメラを入れてみました。(PM9:00撮影↑)
写真で確認し難いのですがよ~く見ると。
巣落ち防止の針金に蜂が二匹、天井板に数匹蜂を確認できました。
つまり、数匹の蜂達がお泊りをしているのです。
入居前の探索蜂はこのように先行隊のお泊り行動をするのですね。
分蜂群本体が来る前に安全の確認をしているのですね。
昼間の安全及び夜間の安全を身を持って確認しています。
野生の日本ミツバチは用心深いですね。
ここまで安全を確認して自主入居すれば簡単には住居を捨てないはずです。















[PR]
by kahohira | 2015-04-27 22:47 | 日本みつばち | Comments(0)