鑑定士ハチの部屋

ブログトップ

タレ蜜を作る。

日本ミツバチの採蜜時期は九月です。
十月にずれ込むと「ブタクサ」の蜜が入り巣箱自体が豚舎のような匂いがします。

蜂友の採蜜をお手伝いに行きました。
切り離した巣板をそのまま持ち帰りました。
巣板を三日間、スムシとタマゴを凍死させる目的で冷凍庫に入れます。

冷凍庫から出し常温に戻してタレ蜜作り開始です。
b0246869_20411191.jpg
ホーロー容器に金網ザルを乗せオーガンジー(布)を二枚重ねて被せます。↑
潰した巣板を入れてタレ蜜にします。
タレ蜜が溜まりました。↓
b0246869_20421572.jpg
ここで何時も悩むのが・・・これです。↓
b0246869_20532911.jpg
タレ蜜の表面に浮かんだ花粉と白い泡状の液体です。↑
このまま蜂蜜ビンに小分けすると蜂蜜ビンの中も同じ状態になります。

そこで嫁サンに「解決策はないか?」と相談しました。
嫁サンが持ってきたのが「サランラップ」です。↓
b0246869_20424296.jpg
「サランラップ」をタレ蜜の表面に軽く載せるように置き、摘まんで引き揚げます。↓
b0246869_20425358.jpg
次にホーロー容器側面に付いている花粉も「サランラップ」を近づけて置きます。↓
b0246869_20432852.jpg
これで大半の花粉と白い泡状の液体は除けました。↑
この方法は「目からウロコが落ちた」ようにビックリしました。005.gif
嫁サンは長い間主婦をしているだけあって「知識」をもっているのですね。

この時点で糖度をはかると「78度」です、もう少し度数を上げようと思います。
ここでコンパクト除湿器の登場です。↓
b0246869_20435438.jpg
タレ蜜の入ったホーロー容器とコンパクト除湿器を大きなビニール袋で包み、電源ONです。
二日間程度、除湿すれば79度位の「ハチミツ」が出来上がるでしょう。

次回はビン詰めです。






































[PR]
by kahohira | 2016-09-05 22:01 | 日本みつばち | Comments(0)