鑑定士ハチの部屋

ブログトップ

カテゴリ:日本みつばち( 130 )

盗蜜騒ぎ

庭に置いている夏分蜂で入居した群です。
「蜂児出し」が続いている弱小群ですが巣門前で騒がしい状態になっています。
画像の左を飛んでいるのは私の知らない他群の蜂です。↓
b0246869_19085520.jpg

















b0246869_19101833.jpg
b0246869_19093454.jpg
巣門前で戦闘が始まっています、戦死した蜂が転がっています。↑

負けた一匹が巣門から落とされています。↓
b0246869_19105111.jpg
b0246869_19092344.jpg
                                        取っ組み合いの攻防戦です。↑

巣門下には戦死した蜂達の死体が多数ありました。↓
b0246869_19095476.jpg

















今のこの時期は蜜源が不足しているのでしょうね。
越冬のための食糧を確保するために命をかけた戦いになっています。
明日もこの戦いは続くのでしょうか?。
野生で命をつなぐと言う事は他の群を滅亡させても自分達が生きる事なのですネ。
弱小群の問題を抱えている群が盗蜜の対象にされているようです。





















[PR]
by kahohira | 2017-12-04 19:42 | 日本みつばち | Comments(0)

蜂友裏庭に置いている巣箱の内検。

蜂友の蜂場にいるニホンミツバチです。
四月に入居、十月上旬に採蜜を済ませた群です。
b0246869_16331281.jpg
内検のため底板を抜いたところです。↑

巣内にカメラを入れました。↓
b0246869_16333648.jpg
b0246869_16335076.jpg
蜂達に覆われて巣板は見えません。↑
状態は良好と思います。
あとは来春の分蜂を成功させてやる事でしょうね。

b0246869_16355284.jpg
前後にある巣門の片方のみ添え木をしてテープで止めました(防寒のため)。↑
これで巣門は一か所になりました。
蜂達が入り口がなくなったと騒いでいます。↑

今春の分蜂群を七群確保しましたが越冬できるのは三群になりました。
あとの四群はオオスズメバチと蜂児出し後のスムシ被害で逃去となりました。
やはり、野生のミツバチですから飼育は難しいですね。






























[PR]
by kahohira | 2017-11-27 17:02 | 日本みつばち | Comments(0)

秋の採蜜後に蜂達の出入りが少なくなった群。

十月上旬に採蜜を済ませた群です。↓
b0246869_15085992.jpg
ここ数日は蜂達の出入りを見かけません。↓
b0246869_15091345.jpg
「シーン」と静まり返っています。↑
「蜂達」が居ない?。

不安になり「底板」を抜き出しました。↓
b0246869_15092676.jpg
花粉玉が落ちてる側には死んだミツバチの姿が・・・あります。↑
この群は消滅したのでしょうか?。

不安が一挙に高まります。
意を決してカメラを巣箱内に投入しました。↓
「あ・・」居ます。↓
b0246869_15100639.jpg
b0246869_15095486.jpg
皆で固まって静かにしています。↑
「よかった、元気にしていたんだ」
寒いからか?蜜源がないからか?・・・もう冬ごもりですか?。

取り敢えず、防寒対策が必要でしょうか?。
巣門が前と後ろにありますので「後ろの巣門」を塞ぎました。↓
b0246869_15102072.jpg
そして前の巣門も三分の一塞ぎました。↓
b0246869_15103189.jpg
すると、巣箱付近が騒々しいからでしょうか?。
「門番蜂」が警戒して出てきました。↑
来週は「暖かさ」が戻ってくる予報ですので活発な行動が見えるでしょうネ。
本格的な防寒対策は後日に行いましょうか。




























[PR]
by kahohira | 2017-11-24 15:57 | 日本みつばち | Comments(0)

採蜜後の最初の内検。

自宅の軒下(犬走)に置いている日本蜜蜂群です。
b0246869_11164390.jpg
ここ数日で蜂達の出入りが少なくなりました。↓
b0246869_11165629.jpg
少し不安になり内検しました。↓
b0246869_11173050.jpg
b0246869_11174837.jpg
巣箱内は異常は見当たりませんね。↑
巣板も見えないくらい蜂達が覆っています。
この時期は「巣板」は伸びていません。

採蜜時に天井板の「スノコ」も取り替えていました。
b0246869_11182843.jpg
b0246869_11184520.jpg
「巣板」はシッカリ取り付けていますネ。↑

この自宅群は入居時は小さな弱小群でしたが大きく成長しました。
他所に置いている不安がある群も順次に内検していきます。










































[PR]
by kahohira | 2017-11-15 11:40 | 日本みつばち | Comments(0)

はちみつ 試作品の開発。

秋の採蜜をすべて終了しました。
これまでは「蜂蜜のビン詰め」「巣蜜のパック詰め」
二種類の「はちみつ製品」を作成していましたがもう少し
新製品を作りたいと考えています。

試作品その1。
「オオスズメバチ漬け込み蜂蜜のビン詰め」
b0246869_11271389.jpg
「はちみつ」を入れたビンの中に「生きたオオスズメバチを針刺し」
して漬け込みました。
蜂の周りから泡が出てきています、蜂蜜が体内に染み込んでいるのでしょうか。

試作品その2。
「巣蜜入りはちみつビン詰め」
b0246869_11264890.jpg
b0246869_11262277.jpg
空瓶の中に「巣蜜を短冊状に切り」入れて、隙間を蜂蜜で満たしました。↑
しかし、発泡がすごく出てきました。↓
b0246869_11265959.jpg
糖度が低いための「発酵でしょうか?」それとも「巣蜜」の中から出た
空気なのでしょうか?。
この状態では商品としては不適合と思います。
何らかの対策が必要ですネ。
ちなみに、西洋蜂蜜の養蜂業者の「巣蜜入りはちみつ」は「発泡」は無く
綺麗なビン詰めです、加熱して発酵を抑えているからでしょうか?
私が行っている「趣味のニホンミツバチ」は非加熱が売りです西洋蜂蜜との
差別化が無いと「価格」では勝負になりませんもんネ。























[PR]
by kahohira | 2017-10-17 12:38 | 日本みつばち | Comments(2)

オオスズメバチ。

オオスズメバチの飛来が連日あります。
粘着シートの罠をかけています。
b0246869_19002777.jpg
巣箱を置いている場所で飛来数が違います。↑
下の粘着シートを置いた場所の10~15メートルの距離にオオスズメバチの巣
がありました。
やはり、飛来数が多く罠に良くかかります。
上の粘着シートの方は巣箱の近くではオオスズメバチの巣は確認できません。

捕虫網で生け捕りにしたオオスズメバチは日本蜜蜂の蜂蜜に生き埋めに
しました。
b0246869_19010656.jpg
b0246869_19005520.jpg
数か月寝かせてその後に食します。

しかし、生け捕りにして空き瓶に入れる時に蜂が暴れてドタバタした際に
左親指を刺されました。
痛い、とにかく痛いです、やはり危険な蜂ですね。
もう一回刺されると二回目になるのでアナフィラキシーショック状態になり
一時間以内で心肺停止になる可能性があるそうですね。
これでオオスズメバチ生け捕りは中止ですネ。

























[PR]
by kahohira | 2017-09-13 19:27 | 日本みつばち | Comments(0)

オオスズメバチの攻撃から逃げてきた弱小群。

昨日(9/2)夕刻に空き巣箱を覗き見している数匹の蜜蜂
を確認していた。
そして本日(9/3)、その巣箱付近を旋回している蜂群を発見した。↓
b0246869_19254237.jpg
巣箱の巣門付近に集合した。↓
b0246869_19192970.jpg
弱小群ですね。↑
b0246869_19184795.jpg
一部の蜂達が巣門へ行こうとしていますが・・・。↑
ためらっている様子です。

そこで巣門を広げてみました。↓
b0246869_19203042.jpg
b0246869_19200114.jpg
すると、ゾロゾロと巣箱内へ入っていきます。↑
女王蜂を探してみましたが発見できませんでした。
(無王群のようです)

その間にオオスズメバチが4~5匹追いかけてきて攻撃しています。
そのオオスズメバチを生け捕りにしました。↓
b0246869_19205218.jpg
捕虫網で捕らえ箸で挟んでビンに入れました。↑
このオオスズメバチは「蜂蜜漬け」にします。

どうやら、この弱小群はオオスズメバチの攻撃を耐えられずに逃去した群
のようです。

逃げる途中で女王蜂と離れ離れになったのでしょうか?。
それとも女王蜂はオオスズメバチに捕殺されたのでしょうか?。

野生に生きるミツバチ達には厳しい現実が待っているのですね。



















































[PR]
by kahohira | 2017-09-03 19:53 | 日本みつばち | Comments(0)

オオスズメバチの襲来

お盆過ぎの8/18(金)にオオスズメバチが飛来旋回しているのを
確認しました。
8/23(水)オオスズメバチを十数匹捕殺しました。
(これが第一波の襲撃、すべて捕殺した)
8/29(火)オオスズメバチ第二波の襲撃です。
攻撃目標はこの巣箱。↓
b0246869_16504645.jpg
かなりの強群ですがオオスズメバチに目を付けられました。↑
オオスズメバチを数匹、捕虫網で捕らえてネズミ捕りに付けました。↓
b0246869_16513803.jpg
あとは、オオスズメバチ自ら罠にかかります。↑
観察していると次に飛来してくるオオスズメバチは罠にかかった蜂を
獲物として認識するようで上に乗り動けない仲間の蜂をかみ砕いています。
そのうちに、自分も罠にかかり次に飛来する蜂の餌食になります。
オオスズメバチには地獄絵図ですね。

数日前、道の駅で「オオスズメバチ蜂蜜漬け」を販売していました。
そこで私も「オオスズメバチ蜂蜜漬け」を作る事にしました。
捕虫網で捕らえたオオスズメバチを箸で摘まんで蜂蜜ビンに入れて冷蔵庫に
入れておくと仮死状態になります。↓
b0246869_16521438.jpg
b0246869_16523049.jpg
上から蜂蜜を注いでいきます。↓
b0246869_16525199.jpg
しかし、オオスズメバチは蜂蜜より比重が軽い為、ビンの上部に浮きます。↑
これでは見かけが悪い。↑

「道の駅」で販売している「大スズメバチ蜂蜜漬け」はビンの中央に整形されて
見かけ良い姿で販売されています。
よく見ると虫ピンを刺して飛行している姿でビンの中央に設置しています。
私も「オオスズメバチ蜂蜜漬け」を作るには一作業必要のようですネ。















[PR]
by kahohira | 2017-08-29 17:40 | 日本みつばち | Comments(0)

タレ蜜を作る その2。

前回の続きでビン詰めまでを紹介します。

ホロー容器内のタレ蜜。
表面に浮かんだ泡状になった花粉?。↓
b0246869_10273331.jpg
泡状の花粉?の表面にサランラップを軽く上乗せして花粉をサランラップに吸着
させます。
サランラップを摘まみ上げてタレ蜜の表面から引き上げました。↓
b0246869_10304570.jpg
ガラス容器内にサランラップを入れています、花粉を吸着しているのが解りますか?。↑

ホロー容器から口広のバットにタレ蜜を移しました。↓
b0246869_10300116.jpg
コンパクト除湿器の登場です。↓
b0246869_10293867.jpg
タレ蜜を入れたバットとコンパクト除湿器を大きなビニール袋で包みます。↓
b0246869_10295006.jpg
2~3日間くらい除湿して糖度を79~80度にします。↑

ビン詰め完了です。↓
b0246869_10283071.jpg
自宅用で消費するのであればこのままで良いのですが、販売または知人の方に
差し上げる時はラベルを作成することは必要です。↓
b0246869_10284261.jpg

b0246869_10285393.jpg
特に一歳未満の幼児授与不可の周知は徹底する旨の通知が県の担当からありました。↑




















































[PR]
by kahohira | 2017-07-14 11:04 | 日本みつばち | Comments(0)

採蜜した蜂蜜のタレ蜜を作る その1

4/16(日)に入居を確認した群です。
好天続きの影響でしょうか巣箱内が満タン状態になり採蜜しました。

タレ蜜を作ります。
切り取った巣板をフリーザーバックに入れて冷凍庫で三日間以上保管
しておきます(スムシ・及びタマゴを殺す目的で)。
b0246869_10074808.jpg
冷凍庫から出して常温に戻します。↑
ホーロ容器の上に金網ザルとオーガンジ(漉布)を置く。↓
b0246869_10080030.jpg
上から巣板を落とします。↓
b0246869_10081157.jpg
ゴミ等が入らないようにビニール袋で包みます。↓
b0246869_10082759.jpg
翌日には蜜はタレて巣クズが残ります。↓
b0246869_10083951.jpg
タレ蜜が溜まったホーロ容器の中です。↓
b0246869_10085208.jpg
ここで問題になるのがタレ蜜の表面に浮かんでいるこの泡状のものです。↓
b0246869_10090271.jpg
オーガンジ(漉布)をすり抜けた花粉だと思います。↑
今回のブログはここまで、続きは次回以降の その2で紹介します。







[PR]
by kahohira | 2017-07-06 10:47 | 日本みつばち | Comments(0)