鑑定士ハチの部屋

ブログトップ

<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

根付その2

古代根付はそれぞれに意味があって彫られています。
縁起物・狂言・歌舞伎等の有名な一場面から題材を求めています。
白僧主(はくぞうす)と言う狂言舞台に登場するキツネの象牙根付です。
b0246869_11564133.jpg

                       三番叟
b0246869_11575439.jpg

根付が初めて彫られた時のものです、顔は擦れて輪郭がよく見れない。
                       初期根付
b0246869_11585251.jpg

                       獅子舞(ツゲ)  
b0246869_11593899.jpg

                       足元に銘:竹光
b0246869_122826.jpg

                       お稲荷さん
b0246869_123063.jpg
   
                       親子獅子
b0246869_1321462.jpg

       次回も根付その三です。
[PR]
by kahohira | 2012-07-22 12:04 | 骨董 | Comments(3)

根付

明治期頃までは成人男性は皆、自分専用の根付を持っていた。
着物から洋服へ変化する時代の中で腰から提げていた印籠・タバコは
ポケットの中に収納され、提げ物は不要となった。
しかし、西欧人は根付の芸術性の高さを認識し海外へ持ち出していた。
現在、根付は西欧のコレクター間では数千万~数十万円の価格で活発に取引されている。
日本国内には芸術性の高い古い根付は残っていないようです。
皆様もお宝市・骨董市等で古代根付を見かけたら購入することをお勧めします。
将来は日本市場でも値上がりすると私は確信しています。
しかし、中国製の新しい物はダメですヨ(骨董市にある根付は新物が
90%以上、よく確認する事が必要)。
古い根付は象牙の物が時代を読みやすいです、200年以上前の象牙は黒い線に見える、
ひび割れがあります、象牙の欠点ですが、時代を読む参考になります。
                  狛犬根付
b0246869_14214522.jpg

なかなかの男前と思います、噛み付きそうで怖い、番犬によさそう。
下の写真の黒い線がお分かりいただけますか(年輪のように見える線)
200年の証明です。
b0246869_14262977.jpg

                 ガマ仙人根付
b0246869_14284371.jpg
b0246869_14293590.jpg

近頃はケイタイに根付を付けてる人をよく見かけますね、それが古代根付
だとオシャレだよネ。

  次回も根付のつづき
[PR]
by kahohira | 2012-07-03 14:33 | 骨董 | Comments(0)