鑑定士ハチの部屋

ブログトップ

<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

伊万里その8 蓋付碗(奈良茶碗)

今回は蓋付碗の紹介です。
蓋付碗は別称、奈良茶碗とも呼ばれます、なぜでしょうか?。
蓋に奈良漬を乗せて食事をしていた、つまり蓋は漬物皿です。
蕎麦猪口は人気があり高価ですが、蓋付碗は低価で求め易いです。
骨董店には在庫が沢山あります、蓋付碗は狙い目だと思います。
蓋付碗は現在のご飯碗より一回り小さいように感じます。
伊万里焼は研究が進んでいて10年単位で年代確定が出来ています。
区割幾何学地文蓋付碗5客 1780-1820年
b0246869_120219.gif

唐人文蓋付碗5客 1780-1810年
b0246869_1234693.gif

菊唐草文蓋付碗 3客1690-1740年
江戸中期の作、伊万里は時代があがる程、書き込みが丁寧です。
銘は太明年製
b0246869_129253.gif

網目文蓋付碗2客1800-1850年?
b0246869_12195262.gif

宝珠雲龍文蓋付碗3客 1780-1820年
銘は奇玉珍元
b0246869_12391015.gif

次回は伊万里その9 色々な伊万里です。
[PR]
by kahohira | 2012-11-20 12:39 | 骨董 | Comments(0)

我が家にある名品(自分勝手な思い込み)

名品2点です。
1.古高取焼の紹介です。
安土桃山~江戸時代にはお茶文化隆盛の時を迎えます。
千利休~古田織部~小堀遠州へとお茶文化は引き継がれていきます。
千利休は黒茶碗、古田織部は「ひようけもの」織部焼、小堀遠州は遠州七窯。
遠州七窯の一つに遠州高取が有ります。
高取焼は内ケ磯窯(直方市)→白旗山窯(飯塚市)→小石原へと窯が移動
します、主に白旗山窯で焼成された茶道具を遠州高取と呼びます。
白旗山窯は約20年間で閉窯しますが茶道具の優品を焼成しています。
私たちの郷土には誇りに思える焼き物が有ったのです。
下の写真は遠州高取大鉢です、古高取焼は美術館・お茶関係者の元に
あり、市場にはあまり出てきません、私の手元にあるのも不思議な気持ちです。
約380年前の郷土の作品であり大事にしたいと考えています。
b0246869_1438599.gif

三足の作り方などは陶工の高技術をうかがえます。
b0246869_14442910.gif

白濁した藁釉・飴釉が見所ですが唐津焼や小石原焼にも見る事ができます。
b0246869_14492430.gif

2.柿右衛門中皿です、江戸中期から後期の作品です。
12・13・14代柿右衛門はよく見かけますが、江戸期の本歌柿右衛門は
飯塚の骨董屋さんでは多くは見かけません。
色絵伊万里は染付は釉薬の下ですが色絵は釉薬の上に書かれています。
高台内は「うず福」と言われる柿右衛門銘です。
13・14代柿右衛門では「うず福」銘は使用はできません。
b0246869_14522124.gif

やはり絵書きは上手と思います。
b0246869_14565372.gif

すこし離れて見ると綺麗です、やはり飾り皿ですかネ、食器としては使いずらい。
b0246869_1502465.gif

次回は古伊万里その八、蓋茶碗(奈良茶碗)です。
[PR]
by kahohira | 2012-11-12 15:00 | 骨董 | Comments(1)

仏像

仏像には知識があまりありませんので自分勝手な解釈を述べます。
天保乾明は北斉の元号で西暦560年の作と思われる大理石の仏
像、約1450年前後の歴史がある、本当かな?。
b0246869_1126544.gif

高村光雲の形抜きした銅製の複製150体の1体です、光雲銘があります。
b0246869_11314535.gif

チベット仏、マヤ夫人像です、マヤはお釈迦様の母です。
チベット仏は細身でS字曲線の体で顔は金色が特徴です。
小さな宝石がいろいろな所にはめこまれています。
b0246869_1136629.gif

隋の小仏、高さ10cm、鍍金は無いです。
b0246869_11392584.gif

新羅の小仏、高さ8cm緑青が付いています。
このような小仏は贋作も多いそうです、真贋は知識不足で解りません。
b0246869_11422891.gif

木製の仏像、素材は楠でしょうか?よい香りがします、円空仏を思わせます。
時代はありそうですが、民間信仰仏でしょうか?よくは判りません。
b0246869_11455370.gif

古仏は人気があり無人の寺院や神社に御祭りしているため盗難に
遭っているようです。
  次回は自宅にある名品(勝手な思い込み)を紹介します。
[PR]
by kahohira | 2012-11-11 11:45 | 骨董 | Comments(0)

平戸焼 その2

平戸焼は前回一度紹介したのですが、残りを紹介します。
最初に飯塚の骨董店で購入したガマ仙人人形です。
懐にガマを抱えています、すごく時代垢がありましたが漂白剤で綺麗になった。
b0246869_1721047.gif

サザエ形の菓子鉢、大小2個です、大の方の大きさは珍しいと思います。
b0246869_1753349.gif

亀形酒器、以前なんでも鑑定団に同じ物が出品されました。
結果はなんと35万円、チョットつけ過ぎでしょうが顔はニンマリ(*^_^*)です。
b0246869_17102574.gif

鉄釉急須、前回にも紹介しましたが、それとは別物です。
b0246869_17151425.gif

鉄釉急須、握り手は金属です、明治以降の作品でしょう。
b0246869_17455819.gif

子供人形の笛、明治以降の作品でしょう、幼い頃ハト笛で遊んだ事を思い出した。
b0246869_1718679.gif

筆立てです、大きな水瓶に落ちた子供を助けるため村の大事な瓶を割る
中国の故事を形にした平戸のヒット商品と言われています。
b0246869_17213537.gif

次回は仏像です。
[PR]
by kahohira | 2012-11-04 16:47 | 骨董 | Comments(1)