鑑定士ハチの部屋

ブログトップ

<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

京都の焼き物

7/21(日) NHK総合テレビAM9:00
楽家15代楽吉左衛門の黒茶碗作製の放送がありました。
ご覧になった方は多数いらっしゃると思います。
そこで我が家にある『楽』銘のある黒水差しを紹介します。
側面は菊の陰刻。
b0246869_1671367.jpg

正面
「楽」の印はありますが、知識不足で何代作か?、江戸期の作品かは?です。
b0246869_1671738.jpg

底面です、反側面は巾着文(写真では分かりつらい)の陰刻。
蓋の摘みは壊れています。
b0246869_168596.jpg


京都の名工と評価の高い「青木木米」の壺の紹介です。
三味庵主の箱書です。
箱書があるから真物だと思い込むのは危険です、箱書は誰でも書きます。

b0246869_1685187.jpg

白泥のろくろ成型、両耳は雨龍(龍の子供?)です。
b0246869_1693268.jpg

耳の雨龍のアップです、なかなか愛嬌のある顔です。
b0246869_16101774.jpg

木米の印です、白泥のやわらかい土に強く押印しています。
木米作品は人気があり贋作もたくさんあります、真贋は印で判断できます、
が本品は深い所に押印してあり真贋ははっきりしません。
b0246869_16112314.jpg

底です、碁笥底のような作りです。
丁寧に爪楊枝のような物でつついて作成しています。
b0246869_1612761.jpg

京都の鹿背山焼。
本品は銅版転写の鹿背山(かせやま)と私は思っています。
鹿背山は幕末に日本で最初に銅版転写を用いて絵付けされた焼き物です。
銅版転写ですからこの時代の作品は同じような絵付けです、
この側面と同じ絵付けを見つけた方は鹿背山かどうか確認してください。
もし鹿背山なら幻の焼き物を見つけた事になりますよ。
b0246869_16124830.jpg


見込みはキリンです。
初期の銅版転写ですから技術的に未完成だと感じます。
キリン図はぼやけて、ピントが合っていません。
側面も絵と絵のつなぎの部分ダブッテいるところが見られます。
b0246869_16133467.jpg

高台内の銘は?、「ナント」読めばよいの?、ヤナギか、こんな漢字あるのか?。
こんな不完全と思える作品ですから作製期間は短期で終わります。
次に銅版転写が本格的に導入されるのは数十年後の明治中期です。
日本の近代陶磁器を語る上での鹿背山焼は重要なポイントになると思います。
b0246869_16141061.jpg

箱書きがありますが、全文は読めません。
京都山科の作家の作品でしょう。
b0246869_1615339.jpg

寿老人の置物です。
b0246869_16154644.jpg

底面に『喜寿』の書き込みがあります、喜寿を記念しての作品でしょうか。
b0246869_16163525.jpg

斜め後ろの姿です。
b0246869_16182868.jpg

[PR]
by kahohira | 2013-07-24 16:17 | 骨董 | Comments(0)

日本みつばちの入居後の報告

趣味の日本みつばち。
自宅庭に入居した日本ミツバチ巣箱本体です。
巣箱の構成は高さ18㎝四角重箱の三段重ねですから全高は
54㎝になります(台座・屋根部は除く)。
b0246869_10193376.jpg

5/3日に入居したミツバチですが、もう二ヶ月過ぎました。
入居した時は弱小群と思っていましたが現在の状況を報告します。

下の写真はPM10:30に撮影したものです。
たくさんの蜂が巣門から出て来て夕涼みしています。
日本みつばちが夜間に夕涼みしているのは身近で飼わないと解らないですよね。
女王蜂を探してみたが確認できませんでした。
b0246869_22194994.jpg


巣内がどうなっているのかカメラを入れてみました。
底板を引き抜き底辺部から天井部(下から上)を撮影しています。

巣落ち防止の竹を重箱の下から二段目・三段目(天井部)に入れています。
一段目は入れていません。

写真を見ると二段目の巣落ち防止の竹の所まで蜂が群れています。
わずか二ヶ月でここまで強群に育っています、すごい繁殖力です。

蜂に覆われているために巣板がどこまで出来ているのか?
蜜がどのくらい溜まっているのか?
確認ができませんが順調な経過のように思えます。
b0246869_22445325.jpg

b0246869_22493954.jpg


私は我が庭に住む日本ミツバチと『用心棒契約』を契りました。
私は彼女達(ミツバチはメス)を襲うすべての外敵から体を張って戦い守り抜きます。
その報酬として毎年五リットル以上の純粋和蜜をいただきます。

現在までの用心棒の仕事の実績は
1.黄色スズメバチ 七匹捕殺
2.ムシヒキアブ   五匹捕殺
3.しおからトンボ  5匹捕殺

下の写真はムシヒキアブを捕殺した姿です。
ムシヒキアブは冷酷な殺し屋で敏捷で手強い奴です。
巣箱に近寄ってきて蜂を一匹抱えて引いていきます、近くに止まりすぐに食べます。
食事に夢中になったその瞬間に虫取網でゲットします。
b0246869_7461274.jpg

お盆過ぎからはオオスズメバチとの対戦が待っています。
オオスズメバチはたいへん怖い相手ですが断固戦います。

武器は
1.ハチ激取(フマキラ製)の設置
2.虫取り網での捕殺
3.火炎放射器で焼く
  (この武器はミツバチも共に焼きますから、かわいそうかな)

『オオスズメバチよ、どこからでもかかってこいや!』
(でも本当は怖いのでみつばち巣箱には近寄らないで、来ると警告なしに
即死刑だよ)

次回は京都の焼き物です。
[PR]
by kahohira | 2013-07-12 21:39 | 日本みつばち | Comments(0)