鑑定士ハチの部屋

ブログトップ

<   2015年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

昨日、分蜂した日本ミツバチが入居しました。

2015.03.31日PM2:30頃 蜂玉に変化がありました。

写真中央のキンリョウヘンに蜂玉を作っていたが、
蜂玉が急に動きだし数十匹の蜂達が舞い上がりだした。
b0246869_16011459.jpg
瞬く間に上空は蜂達でイッパイになった。
b0246869_16013200.jpg
しばらく旋回していた蜂雲(蜂群)は流れるように移動していきました。
行く先は写真中央の待巣箱のようです。

b0246869_16021069.jpg
待巣箱の周辺に集まって行きます。

b0246869_16024007.jpg
待巣箱の天井から巣門そして後ろのブロック壁に留まりました。
b0246869_16031249.jpg
この巣箱には分蜂した直後から探索蜂が来て入念に検査をしていました。
b0246869_16051020.jpg
今回の入居は分蜂後、一日で完了しました。
この巣箱は蜂達には満足のいく住居だったのでしょう。
私も蜂達が即決してくれてたいへん嬉しい結果となりました。





















[PR]
by kahohira | 2015-03-31 16:38 | 日本みつばち | Comments(0)

それは突然に始まった。

2015.03.30日正午、分蜂。
静かだった巣門前で急に十数匹の蜂達が旋回を始めだした。
b0246869_13424737.jpg

瞬く間に巣門から蜂達がゾロゾロと出てきて。
あふれた蜂達は巣箱の側面を登りだした。
b0246869_13435219.jpg

庭の上空を旋回している。
完全に制空権を把握している。
b0246869_13433266.jpg
巣箱から3m程度離れた待巣箱の屋根部に置いた
キンリョウヘンに集合です。
b0246869_13441286.jpg
キンリョウヘンの花茎は蜂達の重みで垂れ下がっている。
b0246869_13445772.jpg
キンリョウヘン鉢の日陰の部分に蜂玉を作った。
b0246869_13451197.jpg
元巣の残留組の蜂達です。
この蜂達は女王蜂(お母さん)をお見送りしたのでしょうね。
b0246869_13443573.jpg
分蜂開始から45分後の元巣の状況です。
b0246869_13452437.jpg
これで分蜂は終了です、これからは新しく誕生する新女王蜂と
力を合わせて生活をして行く事になるのでしょう。
今回の分蜂は私が希望していたようにセットしていたキンリョウヘン
に付いてくれました、ご近所の庭木に行かなくてよかった。
あと二群いますので近日中に分蜂すると思います。














[PR]
by kahohira | 2015-03-30 14:22 | 日本みつばち | Comments(0)

「3/28.29日」と予測していた初分蜂はお預け。

今日は天候も良く風は微風で条件は良好だったが、
本日の分蜂は見送りとなりました。
私としては少し残念な気持ちですが、前向きに考えると
「お楽しみ」は明日以降に続くと言う事で「よし」としましょうかね。

マイカ-(白)に目をやると「アチャ-」「なんじゃこりゃ」。
「黄茶色」の点々
b0246869_16542134.jpg
ニホンミツバチの「フン」です、白や銀色に落としていきます。
「ちょっと・ちょっと」ミツバチさん困りますがね、気を付けてくださいね。

これは「黄色スズメバチ」です。
b0246869_16550529.jpg
巣箱の廻りでミツバチを捕獲していました。
ただちに撃墜しました(うちの奥さんが叩き落としました)。
今の時期のスズメバチは女王蜂だと思います、この一匹がお盆過ぎの数十匹、
数百匹に なるのでしょうね。

開花前のキンリョウヘン。
b0246869_16553174.jpg
蕾の付け根から「蜜?」が出ています。
日本ミツバチが一匹、蜜を舐めています、蜂を見つけることができますでしょうか?。

サクラ(ソメイヨシノ)が開花しています。
b0246869_16562145.jpg
サクラが咲けばそのあとは「日本ミツバチの分蜂」です。
明日か明後日か?、こちらの受け入れ準備は万全です。
女王様のために「高級高層マンション」を特別に用意してお待ちしています。
「どうぞ-お越しください」「歓迎いたします」。



























[PR]
by kahohira | 2015-03-29 17:37 | 日本みつばち | Comments(0)

疑似分蜂

ご近所の蜂友から電話。
「分蜂している、見に来て」。

カメラを持って駆けつけました。
「あぁ-、本当だ、分蜂だぁ」と思いました。

b0246869_14483857.jpg
巣門前は蜂達があふれて大賑わいです。
しかし、上空からは羽音が聞こえてきません。
b0246869_14490318.jpg
しばらく、見ていると「えェ-」。
蜂達は巣門から巣内へ入っていきます。
b0246869_14493362.jpg
そして、普段とあまり変わらない蜂数になっていきました。
b0246869_14494623.jpg
どうも今日の分蜂は「無い」ようです。
女王様の決断が付かなかったようですネ。
今日は予行演習にして明日、本番かな?。






[PR]
by kahohira | 2015-03-27 15:09 | 日本みつばち | Comments(0)

キンリョウヘンと日本ミツバチ


昨日、巣箱にセットしたキンリョウヘンのその後。
b0246869_16390258.jpg
このキンリョウヘンは花茎は15本立っています。
6~7割の開花です。

今日はお昼から暖かくなりミツバチ達は「ブン、ブン」飛び回っています。
分蜂の予行練習のように見えます。
b0246869_16391738.jpg
キンリョウヘンにもすぐにミツバチが寄ってきました。
働き蜂は花の周りを「ふぁ、ふぁ」飛んでいますが雄蜂は花弁に
取りつくと静止しています(写真で確認できますか?)。
(女王様の懐の中に抱かれているようにおとなしくしています)
もう、蜂達が巣箱に入居するまで私のする事は何もありません。
このまま、放置プレイで遠くから見ていることにします。

少し離れた巣箱に別のキンリョウヘンをセットしました。
逆光で見にくいですね。
b0246869_16393509.jpg



こちらのキンリョウヘンは花茎は10本です、花は1~2割の開花でしょうか。
明日も暖かくなるそうですので花弁は開いていくと思います。

[PR]
by kahohira | 2015-03-26 17:09 | 日本みつばち | Comments(0)

今日のキンリョウヘン

今日(2015.03.25)のキンリョウヘンの花茎の状況。
複数花弁が開いてきました。
b0246869_13085043.jpg


待巣箱の屋根部と巣門近くにキンリョウヘンを設置しました。
b0246869_13083124.jpg
巣門付近のキンリョウヘンに日本ミツバチが寄ってきました。
b0246869_13091255.jpg

一方、ミツバチ達は活発に行動しています。
しかし、風が強く、寒いので本日の分蜂は無しでしょう。
b0246869_13092339.jpg
私は今月の28・29日に分蜂すると読んでいます。
分蜂したら当ブログで紹介します。













[PR]
by kahohira | 2015-03-25 13:27 | 日本みつばち | Comments(0)

日本ミツバチ、来週後半に分蜂か?


分蜂の時期が近づいてきました。
日本ミツバチ巣箱を見ていると今年はすこし遅いかな?。
昨年は3/24日が初分蜂でしたが、今年は遅れそうです。

分蜂予行練習?
多数出て来て賑わっています。
b0246869_19391615.jpg
働き蜂(メス)とオス蜂のツ-ショット。
b0246869_19393047.jpg
同じ種類のミツバチとは思えないくらい容姿が違う。

集合板の取り付け完了。
昨年、蜂球を作った集合板は今年も同じセットでいく。
b0246869_19402136.jpg
こちらは玄関前の松にセット。
b0246869_19400831.jpg
この場所はかなり期待できると思う。

こちらはツバキの下にセット。
b0246869_19403523.jpg
あと数か所セットをした。


一方、キンリョウヘンは。
b0246869_19411261.jpg
b0246869_19410123.jpg
花茎は伸びてきました、開花まであと一週間かな。
キンリョウヘン開花と初分蜂、タイミングはピタリ会うかな?。



[PR]
by kahohira | 2015-03-20 20:09 | 日本みつばち | Comments(0)

日本ミツバチ オス蜂出現

本日(3/8)自庭のA-3群
今日は快晴で暖かくて風もなく春らしい気候です。
ミツバチ達は元気に飛び回っています。
写真では数は少ないように見えますが大勢の蜂達が飛んでいます。
b0246869_13014631.jpg
巣門を見ていると・・・・「エー、これなに」。
写真の中央付近で緩慢な動きの蜂が・・・
b0246869_13011877.jpg
よく見るとあきらかに働き蜂とは「色」も「動」きも違います
b0246869_13010381.jpg
オス蜂の誕生です。
羽化したばかりのようで動作もぎこちなく、オス蜂としては体も少し小さくみえます。
これから分蜂にむけて体も大きく成っていくのでしょうね。
ここでオス蜂が出現したことは分蜂が近いと言うことになります。

一方、キンリョウヘンの状態は・・・
二月中旬に加温していた鉢は花芽が伸びてきました。
このキンリョウヘンは分蜂に間に合いそうです。
b0246869_13020821.jpg


室内に入れただけで加温なしのキンリョウヘンは・・・
b0246869_13022662.jpg















花芽がすこし伸びたくらいですね、でも、花芽成長のスイッチはONですネ。
b0246869_13023998.jpg
こちらは分蜂に間に合わせるのは少し時間がたりないかな?
外に出しているキンリョウヘンはまだ花芽の確認できない鉢が多数です。
分蜂の季節になりました、忙しくて楽しくなるゾ~。







































[PR]
by kahohira | 2015-03-08 13:52 | 日本みつばち | Comments(0)

裏山の日本蜜蜂巣箱

裏山の日本ミツバチに会いに行きました。
自宅から少し距離があるので何時も見に行くわけにはいきません。
その分、管理が甘くなります。

今年に入って二回目の底板清掃と巣内写真。
b0246869_17285899.jpg
夏には近寄るのが怖いくらい活発に働いていたが、今日は静か。
エ~、少し不安な気持ち。
b0246869_17291600.jpg
巣門入口には2~3匹の死んだ蜂が・・・・・・。

底板を抜いてみました。
b0246869_17293698.jpg
底板の上には巣屑がたまり、20~30匹死んでいます。

巣屑を払っていくと、「あー」これは。
b0246869_17300470.jpg
オス蓋かな、2個程、見かけました。


巣内を写真で確認。
b0246869_17303071.jpg
黄色の巣板が一部、見えています。
分蜂にむけて新蜂が生まれているのかな。

b0246869_17311413.jpg
きょうは寒いのでミツバチ達はおとなしく巣篭りしているのかなと・・・・
自分勝手に「前向きに考えて」行きましょうかね。
オス蓋が出ているのであと、20日くらいで初分蜂になるようです。




















































[PR]
by kahohira | 2015-03-06 18:23 | 日本みつばち | Comments(0)