鑑定士ハチの部屋

ブログトップ

<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

冬眠に入った「コウモリ」を見てきた。

北九州市小倉南区の平尾台には観光鍾乳洞が数洞あります。
今回は千仏鍾乳洞と牡鹿鍾乳洞を探検してきました。
千仏鍾乳洞付近は紅葉も綺麗ですし鍾乳洞の中は春のような温かさです。
お客様も多く来ていますが帰りの上り坂は運動不足の足にはきつい。

牡鹿鍾乳洞はあまり名前が知れてないのでしょうか❔、お客様が居ない。
孫と私の二人だけ、それと多くの冬眠中の「コウモリ」のみです。
b0246869_19110200.jpg
b0246869_19115268.jpg
b0246869_19112488.jpg
b0246869_19131686.jpg
b0246869_19124725.jpg
十一月中旬ですが「コウモリ」達は熟睡中です。
触っても起きそうにはありません。
オスは集団で天井からブラ下がっています。
メスは「お産」するので単独で居るそうです。


























[PR]
by kahohira | 2016-11-25 19:37 | お出かけ | Comments(0)

キンリョウヘンの花芽

今年も十一月中旬になりました。
鉢植えのキンリョウヘンも花芽が確認できる季節です。
b0246869_13203637.jpg
b0246869_13204915.jpg
b0246869_13211490.jpg
b0246869_13213298.jpg
b0246869_13214545.jpg
b0246869_13220366.jpg
素焼き鉢、釉薬鉢、プラ鉢の各鉢の花芽を確認できました。
夏が暑くて葉焼けしていたので心配していましたが大丈夫でした。
今後のキンリョウヘンの管理は日本蜜蜂の分蜂時に開花するように調整する事です。

しかし、肝心の日本ミツバチがいるのでしょうか❔。
セイダカアワダチ草の群生を見て回りましたが日本ミツバチは数匹しか見かけません。
来年は5~6群は巣箱に入って欲しいのですが・・・・・・。
自然界の日本ミツバチは非常に心配な状況になっているみたいです。































[PR]
by kahohira | 2016-11-19 13:42 | 日本みつばち | Comments(0)

D-1群の内検。

久しぶりに一群しか居ないD-1群を内検しました。
昨年に竹山を切り開いて作った蜂場です。↓
b0246869_20020825.jpg
巣門付近の蜂達の状況です。↓
b0246869_20024227.jpg
この群はあまり手をかける必要はありません、巣を清潔に保っています。↑

カメラを巣内にいれました。↓
b0246869_20030991.jpg
b0246869_20033252.jpg
順調に成長しているように見えます。↑

これまでに「蜂児出し」・「スムシ」は確認できません。
越冬用の貯蜜は十分にあるようです。
来春の分蜂は期待していますヨ。





























[PR]
by kahohira | 2016-11-06 20:22 | 日本みつばち | Comments(0)