鑑定士ハチの部屋

ブログトップ

<   2017年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

巣箱の防寒対策。

明朝(1/14)は今年最高の寒波だそうです。
昨年は寒波後の積雪で多数の蜂達を失いました。
その後に群の勢いが悪くなり消滅に繋がっていきました。

今回は寒波対策をしてきました。
今日の巣門付近画像。↓
b0246869_16141038.jpg
b0246869_16135871.jpg
風が冷たいのですが多数の蜂達が飛び廻っています。↑
日本ミツバチは真冬の最中ですが元気ですね。

太陽が当たっている時は飛び回りますが日陰になると寒いです。
b0246869_16142722.jpg
大きなビニール袋で巣箱をスッポリと覆いました。↑
この対策で明朝の寒さを少しは防げるでしょうか?。
風が強くなると蜂達は巣箱の中に入っていきました。
「少しは暖かいですか?」

無事に越冬して春には分蜂を繰り返してくださいね。
「期待していますよ」

























[PR]
by kahohira | 2017-01-13 16:42 | 日本みつばち | Comments(0)

新年のご挨拶

当ブログをご覧いただいている皆さまへ。
「新年おめでとうございます、今年もよろしくお願いします」。

酉年の新年に投稿できる物はないか探してみました。
梅にウグイス。↓
b0246869_16120711.jpg
ウメの枝にウグイス?が止まっている。↑
この絵は水彩画かな?とお思いでしょね。

違うんです、実はお皿に焼き付けてあるのです。
b0246869_16124887.jpg
陽刻」でウメとウグイスです。↑


横からの画像。
脚付長皿です。↓
b0246869_16135936.jpg
高台ではなくて「脚付」です、当時の高級食器だと思います。↑
ひっくり返して裏面を見ています。↓
b0246869_16134455.jpg
脚付の畳付け部分(足の先端)まで釉薬が掛けてあります。↑
つまり、接地面をキズ付けないための技法です。
センター付近を見ると釉剥ぎ処理がされています。
この処理をしないと癒着してキレイに焼けないのです。
かなり手の込んだ「古伊万里」です、「この手の脚付」は「柿右衛門」によく見られます。

年代はどうでしょうか?「1680-1700年」頃でしょうかね。













































[PR]
by kahohira | 2017-01-01 16:55 | 骨董 | Comments(0)