鑑定士ハチの部屋

ブログトップ

<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

タレ蜜を作る その2。

前回の続きでビン詰めまでを紹介します。

ホロー容器内のタレ蜜。
表面に浮かんだ泡状になった花粉?。↓
b0246869_10273331.jpg
泡状の花粉?の表面にサランラップを軽く上乗せして花粉をサランラップに吸着
させます。
サランラップを摘まみ上げてタレ蜜の表面から引き上げました。↓
b0246869_10304570.jpg
ガラス容器内にサランラップを入れています、花粉を吸着しているのが解りますか?。↑

ホロー容器から口広のバットにタレ蜜を移しました。↓
b0246869_10300116.jpg
コンパクト除湿器の登場です。↓
b0246869_10293867.jpg
タレ蜜を入れたバットとコンパクト除湿器を大きなビニール袋で包みます。↓
b0246869_10295006.jpg
2~3日間くらい除湿して糖度を79~80度にします。↑

ビン詰め完了です。↓
b0246869_10283071.jpg
自宅用で消費するのであればこのままで良いのですが、販売または知人の方に
差し上げる時はラベルを作成することは必要です。↓
b0246869_10284261.jpg

b0246869_10285393.jpg
特に一歳未満の幼児授与不可の周知は徹底する旨の通知が県の担当からありました。↑




















































[PR]
by kahohira | 2017-07-14 11:04 | 日本みつばち | Comments(0)

採蜜した蜂蜜のタレ蜜を作る その1

4/16(日)に入居を確認した群です。
好天続きの影響でしょうか巣箱内が満タン状態になり採蜜しました。

タレ蜜を作ります。
切り取った巣板をフリーザーバックに入れて冷凍庫で三日間以上保管
しておきます(スムシ・及びタマゴを殺す目的で)。
b0246869_10074808.jpg
冷凍庫から出して常温に戻します。↑
ホーロ容器の上に金網ザルとオーガンジ(漉布)を置く。↓
b0246869_10080030.jpg
上から巣板を落とします。↓
b0246869_10081157.jpg
ゴミ等が入らないようにビニール袋で包みます。↓
b0246869_10082759.jpg
翌日には蜜はタレて巣クズが残ります。↓
b0246869_10083951.jpg
タレ蜜が溜まったホーロ容器の中です。↓
b0246869_10085208.jpg
ここで問題になるのがタレ蜜の表面に浮かんでいるこの泡状のものです。↓
b0246869_10090271.jpg
オーガンジ(漉布)をすり抜けた花粉だと思います。↑
今回のブログはここまで、続きは次回以降の その2で紹介します。







[PR]
by kahohira | 2017-07-06 10:47 | 日本みつばち | Comments(0)