鑑定士ハチの部屋

ブログトップ

巣箱の防寒対策。

明朝(1/14)は今年最高の寒波だそうです。
昨年は寒波後の積雪で多数の蜂達を失いました。
その後に群の勢いが悪くなり消滅に繋がっていきました。

今回は寒波対策をしてきました。
今日の巣門付近画像。↓
b0246869_16141038.jpg
b0246869_16135871.jpg
風が冷たいのですが多数の蜂達が飛び廻っています。↑
日本ミツバチは真冬の最中ですが元気ですね。

太陽が当たっている時は飛び回りますが日陰になると寒いです。
b0246869_16142722.jpg
大きなビニール袋で巣箱をスッポリと覆いました。↑
この対策で明朝の寒さを少しは防げるでしょうか?。
風が強くなると蜂達は巣箱の中に入っていきました。
「少しは暖かいですか?」

無事に越冬して春には分蜂を繰り返してくださいね。
「期待していますよ」

























[PR]
# by kahohira | 2017-01-13 16:42 | 日本みつばち | Comments(0)

新年のご挨拶

当ブログをご覧いただいている皆さまへ。
「新年おめでとうございます、今年もよろしくお願いします」。

酉年の新年に投稿できる物はないか探してみました。
梅にウグイス。↓
b0246869_16120711.jpg
ウメの枝にウグイス?が止まっている。↑
この絵は水彩画かな?とお思いでしょね。

違うんです、実はお皿に焼き付けてあるのです。
b0246869_16124887.jpg
陽刻」でウメとウグイスです。↑


横からの画像。
脚付長皿です。↓
b0246869_16135936.jpg
高台ではなくて「脚付」です、当時の高級食器だと思います。↑
ひっくり返して裏面を見ています。↓
b0246869_16134455.jpg
脚付の畳付け部分(足の先端)まで釉薬が掛けてあります。↑
つまり、接地面をキズ付けないための技法です。
センター付近を見ると釉剥ぎ処理がされています。
この処理をしないと癒着してキレイに焼けないのです。
かなり手の込んだ「古伊万里」です、「この手の脚付」は「柿右衛門」によく見られます。

年代はどうでしょうか?「1680-1700年」頃でしょうかね。













































[PR]
# by kahohira | 2017-01-01 16:55 | 骨董 | Comments(0)

今年最後の内検

今日(12/25)は風もなく暖かい日差しです。
今年最後の蜂達の状態を見てきた。

今年の春にはここに蜂達が生活していた蜂場ですが、
初夏頃には消滅しました。↓
b0246869_16424363.jpg
b0246869_16425644.jpg
今は蜂達は皆無で寂しく巣箱だけ佇んでいます。↑
しかし、来春には分蜂群が入居しているはずです。

ここから少し上り坂を行くと一年前に開いた新蜂場があります。↓
b0246869_16432215.jpg
この場所には日本ミツバチが一群います。↓
b0246869_16433775.jpg
巣門付近です。↓
b0246869_16442132.jpg
内検のために底板を抜きました。↓
b0246869_16450823.jpg
巣箱内はキレイで蜂達は落ち付いています。↑

カメラを内部に入れました。↓
b0246869_16460262.jpg

この群は「蜂児出し」も無く、底板上にはスムシも見かけません。
ここまでは順調にきました。
来春の分蜂の種蜂として貴重な一群です。
























[PR]
# by kahohira | 2016-12-25 17:09 | 日本みつばち | Comments(0)

防草シートを設置してきた。

竹山に作った蜂置場には一群(一箱)の日本ミツバチしかいません。
b0246869_14091893.jpg
今日は寒いのですが蜂達は元気に飛び回っています。↑

竹山を切り開いた場所なので足場が悪いのです。
そこで、防草シートを敷いて歩きやすいようにしました。↓
b0246869_14095266.jpg
b0246869_14100488.jpg
これで雑草も生えず歩きやすくなりました。
防草シートとシートを抑えるクイで7000円以上かかりました。

この場所ではあと一群は飼えると思います。
すでに待箱を設置しています。↓
b0246869_14105844.jpg
今いる一群は貯蜜は十分にあります。
来春の分蜂は四回はあるだろうと期待しています。
空きの高級中古物件を多数用意して入居をお待ちしています。↑

ふと、周りを見ると。↓
b0246869_14141311.jpg
椿の赤い花が目に付きました。↑
季節は春に向かって進んでいますヨ!。

早く分蜂の季節になって欲しいですネ。
待ち遠しいです。

話は変わりますが「ふるさと納税返礼品」を提供しています。
「日本ミツバチの蜂蜜」はすごく好評で受注を沢山いただいています。
「和蜜」は店頭での購入は難しくて「幻の蜂蜜」と呼ばれていますので、
「ふるさと納税返礼品」で入手される方が多いのだと思います。




































































[PR]
# by kahohira | 2016-12-15 14:53 | 日本みつばち | Comments(0)

冬眠に入った「コウモリ」を見てきた。

北九州市小倉南区の平尾台には観光鍾乳洞が数洞あります。
今回は千仏鍾乳洞と牡鹿鍾乳洞を探検してきました。
千仏鍾乳洞付近は紅葉も綺麗ですし鍾乳洞の中は春のような温かさです。
お客様も多く来ていますが帰りの上り坂は運動不足の足にはきつい。

牡鹿鍾乳洞はあまり名前が知れてないのでしょうか❔、お客様が居ない。
孫と私の二人だけ、それと多くの冬眠中の「コウモリ」のみです。
b0246869_19110200.jpg
b0246869_19115268.jpg
b0246869_19112488.jpg
b0246869_19131686.jpg
b0246869_19124725.jpg
十一月中旬ですが「コウモリ」達は熟睡中です。
触っても起きそうにはありません。
オスは集団で天井からブラ下がっています。
メスは「お産」するので単独で居るそうです。


























[PR]
# by kahohira | 2016-11-25 19:37 | お出かけ | Comments(0)