鑑定士ハチの部屋

ブログトップ

寒波がぬけ、春らしい一日になりました。

寒い日々が終わり?巣箱に日光が当たっています。
蜂達は巣箱から飛び出し花粉集めに大忙しです。↓
b0246869_21160361.jpg
b0246869_21155167.jpg
どうやら、冬越しに成功したようですネ。↑
あと45日前後で分蜂の始まります。

キンリョウヘンを室内の暖かい場所に移動しました。↓
b0246869_21162051.jpg
キンリョウヘンの花芽を確認して見ます。↓
b0246869_21165205.jpg
b0246869_21163791.jpg
今年は花芽が少ない?。
深植えしている鉢は花芽はまだ確認できません。
しかし、花時は花茎が伸びてくると思います(たぶん?、出てください)。

さぁー、これから分蜂開始~終了時まで適宜に開花するように調整していきます。
夜間に暖かい部屋で加温すれば花芽伸長のスイッチが入ります。





































[PR]
# by kahohira | 2018-02-18 21:41 | 日本みつばち | Comments(0)

キンリョウヘン(ミツバチ蘭)

昨日(2/4)から降雪続きです。
そして今朝(2/5)のキンリョウヘンです。
b0246869_10330710.jpg
この時期でも外に出したままです。↑
雪帽子の状態です。↓

b0246869_10325783.jpg
花芽は大丈夫でしょうか?。

軒下(犬走)に置いているキンリョウヘンもあります。↓
b0246869_10331936.jpg
b0246869_10324639.jpg
この寒波でキンリョウヘンは冬を十分に感じたはずです。
来週頃から気温が高くなり春の足音が近づけば花芽伸長のスイッチが入ります。
今月(二月)中旬から室内に入れます。
そして下旬から夜間は加温していきます。
私は今冬の寒さが厳しかった分、春は早いのではないかと思っています。
三月下旬~五月上旬まで分蜂が続きますがこの時期にキンリョウヘン開花を合わせます。
分蜂時期が一ヶ月強続きますので一週間遅れで開花がズレるように調整します。
ここが難しい。















[PR]
# by kahohira | 2018-02-05 11:07 | 日本みつばち | Comments(0)

巣箱の組み立て。

一月も下旬になってきました。
そろそろ、本格的にミツバチ巣箱を完成しなくてはなりませんネ。

台座です。↓
b0246869_15512100.jpg
台座に底板を乗せました。↓
b0246869_15513635.jpg
次に重箱部を乗せます。↓
b0246869_15515167.jpg
底板と重箱部の段差が巣門(約6ミリ)になります。↑
(この6ミリが巣箱作りのポイントです)

最上部にはスノコ作りの天井部が付きます。↓
b0246869_15520563.jpg
上方からの画像です。↓
b0246869_15522073.jpg

天井板を被せます。↓
b0246869_15523090.jpg
b0246869_15524420.jpg
昨年に予備で作っていた屋根部を乗せます。↓
b0246869_15525776.jpg
完成時の全体像です。
(正面)↓
b0246869_15530913.jpg
斜め前。↓
b0246869_15531953.jpg
重箱部は多数作成しています。↓
b0246869_15532926.jpg
今回の巣箱は5セットは作成できます。

分蜂まであと二か月強になりました。
キンリョウヘンの花芽調整をして、分蜂に合わせなくてはなりませんネ。
次回からの当ブログはキンリョウヘン(ミツバチ蘭)について投稿します。























































[PR]
# by kahohira | 2018-01-22 16:24 | 日本みつばち | Comments(0)

巣箱作り その2。

台座を作っています。。

木幅10.5cmと9.0cmの杉板を張り合わせて段差を作りました。↓
一段目の段差です。↓
この一段目の段差に重箱部を乗せ、巣板の成長に合わせ継増をします。
b0246869_21010615.jpg
次の段差を作るために18ミリの線を引きました。↓
b0246869_21011710.jpg
台座作りのこの18ミリのラインは重要な意味を持ちます。↑



18mmのラインに沿ってもう一本 板を張り合わせます。↓
b0246869_21013591.jpg
二段目の段差の完成です。↑
b0246869_21021730.jpg
一対の台座基礎部の一部が完成です。↑
二段目の段差の上に底板(厚み:11.5mm)を置けば巣門の高さは約6.5mmになります。
この巣門6.5mmの高さではオオスズメバチは侵入することはできません。
ここが巣箱作りの重要ポイントです。

重箱部を乗せて台座の横幅を決定して横木を当てて台座部が開かないように固定します。↓
b0246869_21022958.jpg
台座を横から見たところです。↓
b0246869_21024491.jpg
次回の当ブログは巣箱の組み立てを予定しています。





























[PR]
# by kahohira | 2018-01-07 21:31 | 日本みつばち | Comments(0)

巣箱作り その1。

来春の分蜂にむけて巣箱を作り始めました。
従来の物よりワンランク小さめの巣箱を作成中です。

重箱サイズの変更。
従来の箱 横31センチ → 28センチに変更。
従来の箱 奥行25.3cm → 25.0cmに変更。
従来の箱 高さ9センチ → 変更なし。
b0246869_16370005.jpg
上の重箱部をスノコ天井に改造します。
b0246869_16371580.jpg
この面から巣板が下部へ伸びていきます。↑
外枠から1~2mm スノコ板がへこんでいます。
(採蜜時にこのへこみでワイヤーがスノコに引っかからずに切り取れます。)

上から覗いた所です。↓
b0246869_16372691.jpg
スノコ板の上部の空間にメントール等の投入が出来るスペースができました。
また、巣箱内の空調がよくなり蜂蜜の糖度が上がりやすくなると思う。

鉢底網をサイズに合わせ切り出しました。↓
b0246869_16375615.jpg

ミニタッカを購入しました。↓
b0246869_16380927.jpg

鉢底網をミニタッカで固定しました。↓
b0246869_16382123.jpg
今日は寒いのでここまでで終了です、時間的な余裕はまだあります。
次回のブログでは台座部分の作成を予定しています。



























[PR]
# by kahohira | 2017-12-25 17:11 | 日本みつばち | Comments(0)