鑑定士ハチの部屋

ブログトップ

巣箱作り その2。

台座を作っています。。

木幅10.5cmと9.0cmの杉板を張り合わせて段差を作りました。↓
一段目の段差です。↓
この一段目の段差に重箱部を乗せ、巣板の成長に合わせ継増をします。
b0246869_21010615.jpg
次の段差を作るために18ミリの線を引きました。↓
b0246869_21011710.jpg
台座作りのこの18ミリのラインは重要な意味を持ちます。↑



18mmのラインに沿ってもう一本 板を張り合わせます。↓
b0246869_21013591.jpg
二段目の段差の完成です。↑
b0246869_21021730.jpg
一対の台座基礎部の一部が完成です。↑
二段目の段差の上に底板(厚み:11.5mm)を置けば巣門の高さは約6.5mmになります。
この巣門6.5mmの高さではオオスズメバチは侵入することはできません。
ここが巣箱作りの重要ポイントです。

重箱部を乗せて台座の横幅を決定して横木を当てて台座部が開かないように固定します。↓
b0246869_21022958.jpg
台座を横から見たところです。↓
b0246869_21024491.jpg
次回の当ブログは巣箱の組み立てを予定しています。





























[PR]
by kahohira | 2018-01-07 21:31 | 日本みつばち | Comments(0)