人気ブログランキング |

鑑定士ハチの部屋

ブログトップ

カテゴリ:日本みつばち( 189 )

盛り上げ巣蜜を採蜜しました。

今朝(6/19)自宅群を採蜜しました、元気な蜂達でしたので期待していました。
昨年の採蜜後に盛り上げ巣を作る設定をしておきました。

盛り上げ巣が出来たのは初めての経験です。↓
b0246869_10381788.jpg
b0246869_10380358.jpg
すごくキレイです、感動しました。
日本ミツバチ盛り上げ巣、希少な高級ハチミツと思います。
b0246869_10383287.jpg
切り分けています。↑
パックの大きさに合わせました。↓
b0246869_10384254.jpg
180g~280gの巣蜜が20パックできました。

こちらは普通にタレ蜜をする巣板です。↓
b0246869_10390867.jpg
b0246869_10385616.jpg
この蜜も良好な巣板と思いますが、盛り上げ巣と比べると見劣りがします。
やはり、子育てたした跡の巣板ですから当然の結果ですね。↑

この後に採蜜予定で盛り上げ巣設定巣箱が5箱あります。
期待したいのですがここまでは出来てないかもですネ。
































by kahohira | 2019-06-19 11:00 | 日本みつばち | Comments(0)

今春入居群の内検。

今春(4/12日)入居群 嘉麻市熊ヶ畑の内検。
b0246869_17180859.jpg

巣箱内径25×25cm 高さ18cm 2段の待ち箱。↑
4/25日 メント-ルをスノコの上部に投入。
5/12日 内部画像。↓
b0246869_17184056.jpg
入居後1ケ月です。↑
順調に巣板は出来ています。

5/29日 2枠増枠して4段巣枠にした。↓
b0246869_17202536.jpg
そして本日(6/16日)内部画像。↓
b0246869_17210491.jpg
4段目巣枠の巣落ち棒付近にまで蜂群は降りてきている。↑
順調に成長していると思われる。
この調子なら10月上旬には採蜜できそうです。




















by kahohira | 2019-06-16 17:41 | 日本みつばち | Comments(0)

夏分蜂。

本日(6/1)夏分蜂しました。
分蜂した巣箱はこれ。↓
b0246869_20134941.jpg
大きな元気のよいミツバチ群です。
蜂数が増大して巣箱からあふれる状態でした。
こんなに蜂数が多いと採蜜時には蜂達の抵抗が強いと思っていました。
どのようにして採蜜しょうかと思い悩んでいました。

夏分蜂は今春生まれた新女王蜂には無いと考えていましたが分蜂するのですね。
考え方を改めなくてはいけませんね。

背の高い樹木に集合して蜂球ができました。↓
b0246869_20143686.jpg

非情に画像では解りずらいのですが画面中央部です。↑
カメラでは見えにくいのですが肉眼ではハッキリ確認できます。
かなり大きな蜂球です、今迄に経験した分蜂球の中では最大級と思えます。

捕獲は難しいと思いますが待ち巣箱を2箱設置しました。
キンリョウヘンはこの時期ありませんのでミツロウのみで捕獲に挑戦します。


















by kahohira | 2019-06-01 20:38 | 日本みつばち | Comments(0)

新入居群の継枠。

4月17日自主入居群です。↓
b0246869_17464199.jpg
継枠するために台座から重箱部を外しました。↓
台座を上から見ています。↓
b0246869_17465459.jpg
台座の底板上には20匹以上の働き蜂がたむろしています。↑
この長方形の網は・・・。↓
b0246869_17470578.jpg
スムシ防除カ-ド(スムシっ子カ-ド)です。↑

スムシ防除カ-ド(スムシっ子カ-ド)とは・・・。
九州大学 生物的防除研究施設 天敵昆虫学研究室からモニタ-依頼されました。
室内の検証では効果が出ているそうです。
比較的小さなスムシは排除できるが大きなスムシには効果はないそうです
次は屋外の巣箱内での成果を求めるためにモニタ-のお願いをされました。

新入居群は当初にはスムシは居ないわけですから生まれたての小さなスムシには成果は見込めますね。
入居時にスムシっ子カ-ドを投入すればスムシの居ない巣箱で養蜂できる可能性がある。
よい結果がでればスムシ防除カ-ド(スムシっ子カ-ド)の販売をお願いしたい。

今回の内検ではスムシの存在は確認できませんでした。
継枠をして巣箱は大きくなりました。↓
b0246869_17471802.jpg
この巣箱は当分はこのままで巣板が伸びるまで放置ですね。



































by kahohira | 2019-05-29 19:06 | 日本みつばち | Comments(0)

巣箱リフタ-を使用してみた。

採蜜できる時期までにあと一ヶ月になりました。
越冬した群は底板付近まで蜂達で満杯の状態です。
今回は継枠後に採蜜を行う予定です

巣箱リフタ-を試行して継枠をしてみます。
b0246869_11380049.jpg
横からの画像。↓
b0246869_11381167.jpg
継枠する巣箱はこれです。↓
b0246869_11382786.jpg
重箱部をリフタ-で持ち上げました。↓
b0246869_11384502.jpg
台座から30センチ程度持ち上げています。↑
台座の上に18センチ程の枠を追加しています。↓
b0246869_11390133.jpg
ゆっくりとリフタ-を下げていきます。
リフタ-を使って継枠を行うと犠牲になる蜂を出さなくて済みます。
継枠完了です。↓
b0246869_13073451.jpg
背高ノッポの巣箱になりました。↑
あとは採蜜時に上から18センチ程切り離せば採蜜完了になります。

この度、巣箱リフタ-を使用した感想は蜂達に対してはストレスを軽減できた。
事故死する蜂を出さなくて済んだ。
リフタ-を移動する時が重いのが欠点になるかな。
















by kahohira | 2019-05-26 13:03 | 日本みつばち | Comments(0)

分蜂後のダメ-ジから立ち直ってきました。

四月上旬に分蜂した群です。↓
b0246869_13471064.jpg
分蜂前は順調に成長してきた群でした。
四月に分蜂した後の内部画像は・・↓。
b0246869_13460361.jpg
b0246869_13464525.jpg
4/21日現在、蜂数は減少して悲惨な巣板状況になっています。
内部側面にはナメクジまで張り付いています。↑

そして 5/18日現在は・・。↓
b0246869_13475142.jpg
b0246869_13482364.jpg
4/21日の画像から約27日経過した画像では蜂数は増加して分蜂のダメ-ジはありません。
ここまで回復してくるとスムシ被害は心配しなくて良くなります。
これで一先ずは安心できますネ。














by kahohira | 2019-05-18 14:09 | 日本みつばち | Comments(0)

山に置いている巣箱の内検。

山中に置いている巣箱です。↓
4月12日に分蜂を確認しています。
b0246869_20593222.jpg
昨夏に巣落ちしたが持ち直した群です。↑
そのため昨秋には採蜜を見送りました。

分蜂が終了した後の4月21日の巣箱内部画像です。↓
b0246869_20595971.jpg
分蜂後のためか、蜂数が減少しています。↑
巣板がモロ見えのためスムシ被害が心配な状態ですね。

そして本日(5/12日)の内部画像です。↓
b0246869_21003541.jpg
4/21日の画像より5/12日の方が蜂数が若干ながら増えているように思えるがいかがでしょうか?。
新女王蜂の産卵始まっていると思うので早く蜂数が増え巣板が隠れる状態になって欲しい。

昨年の採蜜は見送っているため今年7月上旬の採蜜は行い巣板の更新をする必要がありますね。

5月24日現在。↓
b0246869_13123622.jpg
前回(5/12)から12日経ちました。↑
蜂数は増えてきたように思われます。
巣板は蜂達に覆われて来たかな。
すこし、回復ペースが遅いかな、でも大丈夫とおもいたい。

6/16日現在。↓
b0246869_16212212.jpg
b0246869_16214766.jpg
5/24日から23日間経過。↑
蜂群に覆われて巣板も巣落ち棒も見えません。
分蜂のダメ-ジは無くなりました。
この状態であれば採蜜できそうですね。
















by kahohira | 2019-05-12 21:42 | 日本みつばち | Comments(0)

分蜂後の内検 その2。.

自宅庭にいるB群です。↓
b0246869_11012257.jpg
昨秋までは元気な群でした。

4月21日の画像。↓
b0246869_11015717.jpg
ここのところ朝早く見ていると「蜂児出し」をしています。
そいのせいでしょうか? 巣板が確認できるまでになり蜂数の減少が気になります。
このB群は分蜂の練習はしていましたが私は分蜂したのを確認していません。
どうやら、変調しているように感じていました。

5月4日の画像です。↓
b0246869_11025776.jpg
「あっ、あぁ-」これは。↑
巣板がもろ見えです、これは心配な状況だと思います。↑
昨年までは勢いのある群でしたが、分蜂直後のこの状態は理解できますが分蜂なし
では「チョット」先が不安ですネ。
底板を抜き出してみると「スムシのコロニ-」が落ちていました。
蜂数が減りスムシにまで手が回らなくなったのかな?。

すべての巣箱は同じように管理しているつもりですが各巣箱毎には優劣が出来てしまいます。






























by kahohira | 2019-05-06 11:33 | 日本みつばち | Comments(0)

コガタスズメバチの女王さま。

自宅の軒下を何気なく見ていると・・・なに、なんだ?。
スズメバチの巣が出来かけているではないか。
すぐに落としました。↓
b0246869_17365283.jpg
昨日は見かけませんでしたので今日一日でここまで作ったのでしょうね。↑
直後にスズメバチを捕獲しました。↓
b0246869_17370540.jpg
恐らくコガタスズメバチの女王さまでしょう。
この女王バチ1匹は秋口の数百匹を退治した事になります。












by kahohira | 2019-05-05 17:44 | 日本みつばち | Comments(0)

分蜂後の内検。

自宅庭に置いている四群の分蜂は終了した様子です。
同じように養蜂管理しているのですが巣箱ごとに違いが出ます。
今回のブログに投稿するのは順調なA群です。↓
b0246869_13220688.jpg
4月21日の内検画像です。↓
b0246869_13222940.jpg
この群は性質もおとなしくて巣門下の底板も自分達で綺麗に清掃しています。
全く手の要らない優秀な娘たちです。
5月4日の内部画像です。↓
b0246869_13225870.jpg
分蜂後の立ち上がりは順調そのものです。
飼育群すべてがこのA群のような状態であればいいのですが巣箱毎に違いが見られます。

次回は問題のあるB群を紹介します、2~3日後に投稿します。









by kahohira | 2019-05-04 13:37 | 日本みつばち | Comments(0)